DVD コピー フリーソフト

DVDコピーに役に立つフリーソフトを紹介しています。優秀なDVDコピーフリーソフトがたくさんあるので、DVDバックアップに活用してください。定番のDVDシュリンクだけでなく、最近の強力なコピーガードも解除可能なおすすめDVDコピーフリーソフトもあります。目的や用途によってDVDコピーフリーソフトを使い分けるのがおすすめ。

DVD コピー フリーソフトへようこそ

スポンサードリンク

DVD コピー フリーソフトについて

     

DVD コピー フリーソフトは、DVDをコピーして別のDVDにデータを焼きたい場合、コピー元のDVDからデータを吸い出してパソコンに保存するための”DVDリッピングソフト”とコピーしたデータをDVDに焼く”DVDライティングソフト”が必要です。

その場合、あたりまえといえば当たり前なのですが、DVDが焼けるDVDドライブも必要です。 DVD再生専用のドライブもありますから、お使いのパソコンがDVD書き込みに対応しているかも事前に確認したほうがよいでしょう。 読み取り専用DVDドライブの場合は、書き込み可能なDVDドライブも用意する必要があります。 

さて、DVDコピーフリーソフトとしては、DVDの仕様を残したままのデータ(ISOデータ)をコピーできる『DVD Shrink(DVD シュリンク)』が人気があります。 

DVD Shrink(DVD シュリンク)はコピー元のDVDからデータを抽出するリッピング専用のフリーソフトですので、DVD Shrink(DVD シュリンク)でコピーしたDVDデータ(ISOデータ)をDVDに焼くには、ライティングソフトが必要になります。

なお、DVD Shrink(DVD シュリンク)は、DVDからaviへ動画形式を変更するエンコードソフトとは異なります。

DVD Shrink(DVD シュリンク)でコピーしたDVDデータ(ISOデータ)をDVDに焼く時におすすめなのが『DVD Decrypter(DVD ディクリプター)』がおすすめです。 *『DVD Decrypter(DVD ディクリプター)』は、現在『Imgburn(イメージバーン)』になっています。

DVD Decrypter(DVD ディクリプター)はDVDリッピング&ライティングが可能なフリーソフトなので、DVDをコピーするリッピング機能もついています。 DVD Decrypter(DVD ディクリプター)は、コピーガードを解除できるので、DVD Shrink(DVD シュリンク)でコピーできないDVDを、DVD Decrypter(DVD ディクリプター)を使ってコピー(リッピング)を試してみるとよいかもしれません。

ただDVD Decrypter(DVD ディクリプター)にはDVD Shrink(DVD シュリンク)のように、片面2層のDVDをコピーして片面1層サイズに変更する機能はありません。 片面2層のDVDをコピーする場合には、片面2層のDVD-Rと片面2層に対応したドライブを用意するか、DVDデータを2つに分割してコピーします。 DVD Decrypter(DVD ディクリプター)を使ってDVDデータをコピーする場合には、その点にご注意ください。

『DVDFab Decrypter(DVD ファブ ディクリプター)』というDVDコピーフリーソフトもありますが、『DVD Decrypter(DVD ディクリプター)』とはまったく別物です。

DVDコピーフリーソフトを使用する際、海外で開発されたフリーソフトの場合は、当然のことながら日本語に対応していないものがほとんどです。

そういった外国語のDVDコピーフリーソフトを使用する場合には、外国語を日本語で表示するための、日本語化パッチが必要になります。

ラベル: , , , , , , , ,

スポンサードリンク